So-net無料ブログ作成
検索選択

帰りは晴れ  [ⅶ 横町の隣人たち]



行きは雨でした。


帰りに撮った、2枚めの写真 :

110630_1900~01.jpg

きれいな雲!



こんな空を、

‐ こころ洗われる ‐

というのだと思います。


洗われました。







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

互い違い '  [⇔ 横町界隈の会話]



110509_1630 .jpg






(筆者註)

ごくごく短い会話を、
添えるつもりでいたのですが、

少しばかり物騒なので、
迷ってしまって、写真だけ。

忘れたころに、
書き加えるかもしれません。





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

右向け、右!  [ⅶ 横町の隣人たち]



110605_0851 右.jpg


最初に見たときは、
左向け、左!
だったのですが、
携帯電話を出しているうちに、
右向け、右!
になっていました。






nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

お布団騒ぎ  [ⅶ 横町の隣人たち]


立ち話をしていたら、
バッチーン! と音がして、
お布団ばさみが落ちてきました。

びっくりして見上げると、
2階の高さの電線に、
掛け布団が引っかかっていました。

3階のベランダに干してあったのが、
ばねが風に負けて、飛んだみたいです。


ちょっとした騒ぎになりました。

2階から取れるんじゃないかな?
と思って見ていると、
1階のお店から、お店の人が出てきて、
2階から、そして3階からも、
住んでいる人が顔を出しました。

お留守でなくて、よかった!


3階の人に頼まれた2階の人が、
腕を伸ばして取ろうとしましたが、
ちょっと無理。

落とすほうがいいということになり、
受けとる役を引き受け、
掛け布団の下に立ちました。


2階の人が落とそうとしたら、
せっかく細い電線からはずれたのに、
下の太い電線に、
また引っかかってしまいました!

あれ~?

2階のベランダからは、
かえって遠くなってしまい、
さぁ、困った。

もっと難しくなりましたが、
2階の人が、もっと腕を伸ばし、
さらに勢いよく落とそうとしたら、
今度は、ちゃんと、落ちてきました!

頭のうえから、全身に、
ふわっと優しく、かぶさるように。

頭と両腕で、
かかえるようにして受けとめました。


「ナイス・キャッチでしたね~!」

声がしたので、ふりむくと、
バイクに乗った顔馴染みの郵便やさん。
ちょうど通りかかったみたいです。
よりによって、どんぴしゃの、このタイミング。


受けとった掛け布団を、
腕のなかでたたもうとしていたところへ、
3階の人が駆けてきたので、
そのまま、お渡し。

落ちていた、お布団ばさみも、
ひろって、お渡し。

お布団ばさみは、
プラスチックの一部が欠けていました。
だから、飛んじゃったんですね。


あー、面白かった。
あんなに笑ったのは、久しぶりです。

今日のお祭りは終わったから、
あとは帰って、寝るだけ!
と、その場をあとにしました。

可笑しかったけれど、
なんだか恥ずかしくなったので。




それにしても、、

そんなに強い風ではなかったはずなのに、
お布団ばさみが壊れたくらいで、
すぐに、お布団が飛ぶなんて。

3階だから、
地べたに近い位置よりは、
風が強かったのでしょうか?

それとも、あのベランダは、
風の抜け道になっているのでしょうか。





nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

胡瓜と玉ねぎの一品  [Ψ キッチン春風]



0603_2104 胡瓜と玉ねぎ.jpg

胡瓜も玉ねぎも、
野菜ロッカーで手に入れました。

胡瓜は、今日。
たぶん初物ではないかと思います。
前に見逃がしていなければ。

玉ねぎは、
ごく普通のとは違うみたいです。
なにが、どこが違うんだろ。


使った玉ねぎは、1個の半分。
胡瓜は、1本の3分の2くらいです。
あとの3分の1は、
切りながら食べてしまいました。

フライパンでお湯を沸かし、
まず玉ねぎ。
それから胡瓜を入れて、
玉ねぎが少し透きとおり、
辛くなくなった頃を見計らってから、

ざるにあけ、
水気を切ってボウルに移し、

つぶぽん酢、すりごま(黒)、ブラックペッパー(ミル付き)。


味をみて、ちょっと考え、
お酢を、
かなり思い切って加えました。

お酢のラベルには、
穀物酢と書いてあります。
原材料名は、米、アルコール、酒粕。


玉ねぎだけでなく、
胡瓜にも火を通したのは、
生のままより、
調味料が、よく馴染むから。

よく和えて、容器に移し、冷蔵庫へ。


お昼につくっておいたのを、
夜、食べました。

食べる前に、
冷蔵庫から出して、
ふたを開けたときに撮ったのが、
上の写真です。

見た目は、
あまりよくないかもしれませんが、、

食べやすい味になっていました。
もっとインパクトがあってもよかったな~
と思うくらい。

でも、昨日うっかり、
お腹をひやしてしまったので、
控えめなほうが安心です。


お昼に炊いた、
若どりの挽き肉ご飯と一緒に、
さっさと食べ終えました。


胡瓜と玉ねぎの一品は、
少ししか食べなかったので、
まだまだあります。

味を濃くして、
お蕎麦か、おうどんか、
お豆腐に乗せて食べてもいいな。





nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理